市販の高濃度水素水、なにを基準に選ぶ !?

健康や美容に良いと、巷で話題になっている水素水。人体のあらゆる健康面に悪影響を与える活性酸素を体外に排出する役割のある水素は、病気予防や老化防止、美容やダイエットにと実にたくさんのメリットがあることが知られています。

その水素を最も手軽に取り入れられるものとして、水素水が人気をあつめているようです。今や市場には、たくさんのメーカ―から水素水が販売されています。

市販されているものにはアルミボトル、アルミパウチ入りなどがあり、また水素を生成させるサーバーやスティックタイプなど種類も豊富。水素水サーバーはランニングコストは安いものの、初期費用がかなりかかりますので最初から導入するのはちょっと難しいという声も多いようです。

では、市販の水素水の選び方はどのように考えたらよいでしょうか?

imgstyle.info_2059M

高濃度水素水は、濃度数値が高いほどいい?

水素水を選ぶ時に気にしたいのが、水素濃度の数値。水素水の成分はppmという単位で表されます。これは、水の中にどれだけの量の水素が溶け込んでいるかを示す数値です。

この水素濃度の数値が高いものが高濃度水素水といわれています。水素の濃度が高いほど、水素の効果も大きくなります。

水素の効能を実感するためには、最低でも0.8ppm以上の濃度があるものを摂取することが推奨されています。実際、市販されている水素水は1.0~1.57ppmのものが主流。

1.0ppm以上の濃度であれば、高濃度水素水であるといえます。しかし、水素水の水素濃度は空気に触れるとどんどん薄くなって、数時間で水素がなくなってしまいますので、キャップを開けたらなるべく早めに飲み切ることが大事です。

表記の数値に要注意! 高濃度水素水のワナ

m005-040

水素水は水素濃度が高いほど、効果も大きいので、濃度数値の高い水素水を選びたいものですが、やみくもに数字の大きさだけで判断するのは要注意。

水素を水に溶け込ませる際、高い圧力をかけることで、いくらでも濃度の高い水素水ができるのですが、たくさんの水素が水に溶け込んだ状態を保てるのは、高圧がかかっている時だけ。

通常の気圧状態に戻ると、水素は空気中に抜け出してしまうので、どんなに高濃度の水素水でも常気圧では1.0~1.57ppmほどの含有量となってしまいます。

常温・常圧での高濃度水素水の水素飽和濃度は最大でも約1.6ppmであることは、専門機関の調査により証明されているそうです。パッケージにボトリングされた状態では3~5ppm、と超高濃度に表記されているものでも、実際に飲む時には最高でも約1.6ppmになってしまうわけです。

あまりにも高い数値の高濃度水素水はウソ!?

高濃度水素水をうたっているものの中には、5~7ppm、など、かなりの高い濃度数値を宣伝しているものもあります。果たしてこの水素濃度は信用できるものなのでしょうか?

専用のボトルに水素発生剤などを水と一緒にいれシェイクすることで、このような高い数値の高濃度水素水をつくることは可能ですので、あながちウソであるとは言えません。

ただ、前述のように、常温・常圧における水素濃度は1.6ppm以上に保持できることはまず、あり得ませんので、飲む時にまで3~7ppmなどの高濃度を保てるわけではありません。

しかし、水素濃度をできるだけ高く保てるように各メーカーで独自の研究開発が進められていますので、特殊な技術により、超高濃度水素水を生成しています。

通常、高気圧状態で実現しており、この状態でパッケージに詰め込んでいます。こうすることで開封時の水素濃度が高い状態を作っているわけです。

いずれにしろ、1.6ppm以上の表記がある高濃度水素水は、どのようなしくみで高濃度を実現しているのか、実際に飲むときには数値はどう変化しているのか、などをしっかりと確認することが大切ですね。

高濃度水素水は、パッケージが重要 !

市販でたくさんのメーカ―から売り出している高濃度水素水。今では、ネットなどで手軽に購入することができるので、気軽に水素水生活を始めることができますね。 いざ、水素水を買おうと思ってもたくさんある水素水の中からどれを選べば […]

続きを読む